TOP > コラム > 進行性脱毛症の治療方法について

進行性脱毛症の治療方法について

 AGAは30~50代の中年男性にみられる男性型脱毛症状で最近は20代の若い人も増加しています。
 症状は一時的な脱毛症や進行性の脱毛症があります。一時的な症状は円形脱毛症がありますが、進行性の脱毛症の場合は大きな問題があり、なにもせずにいるとゆっくりとですが確実に髪の毛の本数が減っていきます。
 額の生え際や頭頂部周辺が薄くなり、抜け毛や薄毛が徐々に目立ってきてしまいます。


 髪の毛は時間を掛けて太くなり、1本1本に寿命があります。毛周期はサイクルにしたがって成長して抜け、同じ毛根からまた新しい髪の毛が生えてくるサイクルを繰り返します。
 髪の毛は日々生え変わり、シャンプーの時の抜け毛や朝起きた時の枕元の抜け毛などの心配は必要がありません。正しい髪の毛の発毛サイクルが保たれていれば髪の毛が薄くなる事はありません。サイクルを乱す物質DHTがあると薄毛の原因となります。
 DHTとは男性ホルモンのひとつです。DHTは胎児期に男性の発達に欠かす事ができない役割を持っている物質で思春期を過ぎると進行性の脱毛だけでなく、ニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こす悪玉男性ホルモンになっていきます。
 正常5年ほどある髪の寿命が数か月から1年ど成長が止まってしまって髪の毛は成長する前に抜け落ちてしまいます。


 現在AGAの治療に用いる唯一の内服薬はプロペシアです。
 プロペシアは脱毛を食い止める働きがあります。20歳以上50歳以下の脱毛症以外には心身ともに健康な中軽度程度の男性型脱毛患者に対して、国内で行った臨床試験ではプロペシア1mgの1年間投与で改善効果や維持効果では頭頂部では6%、前頭部では2%程度の薄毛の改善効果が見受けられています。
 ごく少数の人に効果が高いという薬ですが、大部分の人では進行が止まるという現状維持する程度の薬です。現在プロペシアだけでなく発毛効果を期待できるミノキシジルを併用する事が一般的になっています。併用での治療にて半年程度で効果を実感する人が9割以上になっています。
 プロペシアの利用では副作用は1%以下ですが性欲低下、勃起不全、女性化乳房、肝障害など20項目ほどあります。ミノキシジルの副作用は30%以上で体毛の増加があります。
 AGAは進行性の脱毛症です。初期段階では進行を止める事が最重要です。進行を止めるためにはプロペシアの服用を開始する事となります。次に行う事が髪の毛の量を増やす発毛治療、シャンプーや睡眠・食事などの日々生活習慣の改善を行っていきます。